/

9月派遣時給1623円、2.8%高 軽作業減少で平均上昇

人材サービス大手のエン・ジャパンが20日に発表した9月の派遣社員の募集時平均時給は、三大都市圏(関東、東海、関西)で前年同月比45円(2.8%)高い1623円だった。前月からは2円(0.1%)高く2カ月ぶりにプラスに転じた。時給の低い軽作業の案件が占める割合が縮小して平均が上昇した。

エン・ジャパンの求人情報サイト「エン派遣」に掲載された案件をまとめた。職種別にみると、物流倉庫内の作業など「軽作業」は前年同月比30円(2.5%)高の1220円、前月からは10円(0.8%)上昇した。

時給は伸びたものの、案件数は1割弱ほど減少した。これまで新型コロナワクチンの在庫管理に従事する派遣案件があったが、ワクチン接種率の上昇に伴い一部の自治体で大規模接種会場の縮小を検討するなど需要が減少しているという。

8月は下期の需要回復を見越して派遣会社は早期の人手確保に動いていた。一方で9月は「想定より回復スピードが遅く、市場に合わせて採用数を抑えたようだ」(エン・ジャパンの中島純「エン派遣」事業責任者)。需要は減少はしておらず倉庫の新規開業が続くが、アルバイトなど直接雇用者の採用が中心だったという。

「オフィスワーク系」は前年同月比7円(0.4%)高の1570円。契約更新期の10月に向けて稼働スタッフの後任募集を強化した。他職種より求人案件数が前月から増加し、時給を引き上げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン