/

ダイドーリミテッド、希望退職100人募集 グループの1割

アパレルのダイドーリミテッドは19日、連結子会社ダイドーフォワードの店舗で働く社員を対象に約100人の希望退職を募ると発表した。グループ全体の社員(約860人)の約1割に当たる。在宅勤務の広がりでビジネス衣料の販売が厳しく、主力ブランドの「ニューヨーカー」の店も30店舗閉鎖する。

希望退職は12月13~24日に募集し、退職予定日は2022年2月10日。特別退職金を支給するほか、再就職の支援も実施する。不採算店の整理も進める予定で、約140店展開する「ニューヨーカー」を22年3月までに30店舗閉鎖する計画だ。

ダイドーリミテッドの21年4~6月期の連結最終損益は6億円の赤字(前年同期は17億円の赤字)だった。新型コロナウイルス下で百貨店やショッピングセンターでの販売が苦戦した。22年3月期通期の業績予想は未定としている。人件費の削減などで業績改善を急ぐ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン