/

この記事は会員限定です

日産専務「EV電池コスト半減急務」 CEATEC2021

[有料会員限定]

国内最大規模のIT(情報技術)の総合展示会「CEATEC(シーテック)」では19日、日産自動車デンソー、ボッシュ日本法人など自動車関連企業の幹部が自社の環境戦略について相次ぎ講演した。電気自動車(EV)の普及に向けた車載電池の性能向上や製造コストの低減のほか、水素を使った燃料電池の開発戦略などを披露した。

日産自動車の平井俊弘専務執行役員はEVの普及に向け「リチウムイオン電池のコストを今より50%以上下げることが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン