/

LGBT向けアプリの米社、東芝社外取のSPACと合併上場へ

性的少数者(LGBT)向けのマッチングアプリを手掛ける米グラインダーはSPAC(特別買収目的会社)との合併を通じてニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場することを決めた。東芝の社外取締役のレイモンド・ゼイジ氏がトップを担うティガ・アクイジション(シンガポール)と合併する。

グラインダーの評価額は負債を含めて21億ドル(約2700億円)となる見込みで、約3億8400万ドルの資金を調達する。製品開発や新規市場開拓などに投じる。同社は2009年設立で、本社はロサンゼルス。月間利用者数は約1100万人で、21年の売上高は1億4580万ドル、調整後EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は7720万ドルだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン