/

この記事は会員限定です

グループ通算制度、再計算個別に 住友商事が移行へ

変わる企業税制㊤

[有料会員限定]

親会社と100%子会社の企業グループを一つの会社のように捉え法人税を計算する連結納税制度が2022年度から、「グループ通算制度」に変わる。企業グループ内の利益と損失を相殺する枠組みは維持しつつ、税金計算でミスがあった場合もグループ全体で再計算せずに済む。企業の事務負担が少なくなり、制度を導入しやすくなる。

連結納税制度は企業の組織再編を促し、国際競争力を高める目的で02年度に導入された。ただ、税金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン