/

この記事は会員限定です

マツダ、車両ソフト更新を事業化 OTA見据え店舗から

[有料会員限定]

マツダは2021年9月、店舗で既販車のディーゼルエンジンの制御プログラムを更新し、性能を最新仕様に向上させる有料サービスを開始した。同社の取り組みは、現在のクルマ開発や販売の在り方を変える可能性が大きい。

全面改良や部分改良の時期に縛られることなく、車両の開発を進めやすくなるからだ。販売面では既販車ユーザーの満足度を高められることに加えて、新車販売にも寄与する。

今後は、インターネット経由でソフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2454文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン