/

メディパルHD、がん治療薬のバイオベンチャーに出資

メディパルホールディングス(HD)は19日、同社のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)ファンドを通じて、がん領域に特化した武田薬品工業発バイオベンチャーのコーディアセラピューティクス(神奈川県藤沢市)に出資し、業務提携の基本合意を結んだと発表した。出資額や出資比率は非開示。同社は調達資金を抗がん剤の開発費用や会社の運転資金に充てる。

コーディアは、メディパルHDのCVCファンドや日本グロースキャピタル投資法人などを引受先とした第三者割当増資で総額約40億円を調達した。2017年11月の設立時からの調達資金は累計で82億円となった。

開発しているのは、遺伝情報の発現工程に異常が生じているがん細胞を標的にした低分子の抗がん剤。白血病など悪性腫瘍向けの治療薬「CTX-712」は初期段階の臨床試験(治験)を進めている。

メディパルHDは業務提携により、コーディアが開発中の抗がん剤が国内で発売された際の物流や医療機関への情報提供活動の支援を見据える。メディパルHDのCVCファンドはSBIホールディングス傘下のSBIインベストメント(東京・港)と21年3月に共同設立された。出資対象とする企業は今回が4社目。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン