/

イオンタウン、埼玉県吉川市の商業施設を増床

イオン傘下のイオンタウンは19日、埼玉県吉川市のショッピングセンター「イオンタウン吉川美南」の増床区画を6月12日に開業すると発表した。複合リゾート施設を運営するアクアイグニス(東京・中央)の温浴施設が核テナントとして出店するなど、体験型消費のテナントを充実させた。近隣住民を中心に「コト消費」のニーズを取り込む。

イオンタウン吉川美南は2013年の開業で、今回が第3期の増床オープンとなる。新たに36店が出店する。三重県で大規模複合リゾート施設を運営するアクアイグニスが天然温泉にフードコートを併設した温浴施設を出店するほか、大型スポーツクラブやフットサルコートなども入る計画だ。

新型コロナウイルスの感染拡大により商業施設は集客などで厳しい状況が続くが、スポーツやレジャーなどのニーズは大きい。イオンタウンは感染防止対策を徹底しながら顧客開拓を狙う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン