/

この記事は会員限定です

米AT&T、5G投資むしばむ利払い メディア買収のつけ

平岡大輝

[有料会員限定]

米通信大手AT&Tが、メディア巨額買収のつけの清算に追われている。2010年代にM&A(合併・買収)を重ね取り込んだ映画、動画配信などメディア事業は伸び悩む。通信事業に再び経営資源を集中する方針だが、買収で膨らんだ負債の利払い、返済が重く、高速通信規格「5G」への投資余力を奪っている。メディア事業を切り離す計画の実行を急ぐ。

AT&Tは米携帯通信市場で3強の一角を占める。21年12月期の連結営業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1882文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン