/

この記事は会員限定です

グリコ・マルコメのビーガン対応 定番も「脱動物性」

[有料会員限定]
日経クロストレンド

食品メーカーがビーガン対応製品の開発に乗り出している。江崎グリコの「プッチンプリン」などロングセラーのお菓子が卵・乳不使用の製品を投入、大豆を使用した肉代替製品もラインアップが拡充している。市場は拡大しているが、今後消費者にはどのように広がっていくのか。メーカーに話を聞いた。

ビーガンへの関心、日本でも変化が

20~30代のミレニアル世代など若者を中心に、環境への負荷の大きい肉食を避ける傾向が強まり、ビーガ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3321文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン