/

NECと富士通、「ポスト5G」検証技術で連携

NEC富士通は19日、高速通信規格5Gの次の世代「ポスト5G」に向けて、基地局装置の相互接続を検証する技術開発をそれぞれの海外拠点で始めると発表した。検証に必要な環境を両社の拠点に構築し、異なるベンダー装置の相互接続性などを効率的に検証できるようにする。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が進める「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」において、NECと富士通は異なるベンダー装置の相互接続性などを評価・検証するための技術開発を進めてきた。

8月から順次、NECの英国拠点と富士通の米国拠点にそれぞれの技術を持ち寄って検証環境を整備する。世界各国の通信会社や政府などと連携し、基地局装置の接続性の確認などに必要な検証作業を大幅に効率化することを目指す。

5Gやポスト5Gでは、複数の基地局メーカーでネットワークを構築する「Open-RAN(オープンラン)」と呼ばれる技術の普及が期待されている。NECと富士通は課題となる接続性の検証技術の開発で連携し、オープンランの普及を後押しする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン