/

郵船ロジスティクス、ベルギーに医薬品の大型倉庫を新設 

郵船ロジスティクスは19日、2024年に医薬品倉庫をベルギーに新設すると発表した。延べ床面積が4万平方メートル以上で、完成すれば同社が欧州に持つ医薬品倉庫の規模の合計が2倍近くになる見込みだ。同社はベルギーを欧州域内 の約5万地点をカバーする定温混載輸送サービスのハブ拠点としており、高品質な医薬品輸送の需要増に対応する。投資額は非公表としている。

ベルギーは欧州主要国の中間地点にあり、物流拠点としてのニーズが高い。今回新設する倉庫は、適切な温度や衛生面での管理を厳格に定めた医薬品の適正な物流基準である欧州連合(EU)の「GDP認証」を取得する。

自律走行搬送ロボットや無人搬送車も導入するほか、太陽光発電パネルや電気自動車なども設置する。郵船ロジスティクスは50 年までに提供する全てのサービスにおいて、温暖化ガス排出を実質ゼロにするという目標を掲げている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン