/

この記事は会員限定です

mRNA特許件数、米が5割 競争力では第一三共など上位

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンで本格利用が始まったメッセンジャーRNA(mRNA)技術で優位に立つのはどこか。関連特許を分析したところ、米国が特許出願件数の5割を握り圧倒することが分かった。ただ、他の技術に及ぼす影響など特許の一つ一つの価値をみれば日本勢も上位に入っており、巻き返す余地は大きい。

mRNAは細胞の核の中にあるDNAから遺伝情報をコピーし、設計図通りのたんぱく質を作らせる物質だ。196...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1411文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン