/

ドコモや凸版も シーテックで見たメタバースの可能性

think!多様な観点からニュースを考える
日経ビジネス電子版
日本最大のIT(情報技術)見本市「CEATEC(シーテック)2022」が10月18日、千葉市の幕張メッセで開幕した。3年ぶりのリアル開催となった今年のキーワードはメタバース(仮想空間)。米メタやNTTドコモなど日米の企業が集まり、離陸期を迎えつつある新市場の可能性を伝えている。

会場の中央近くにメタバース関連のスペースがあり、記者はメタのブースに入った。仮想現実(VR)の映像を映し出すヘッドセットをかぶってみると、バーチャル会議室が目の前に広がった。男性アバターがこちらに向かってにこやかに手を振る。

ヘッドセットは2020年に発売された「メタクエスト2」。その端末を通して入り込んだのは、21年に発表された同社のバーチャル会議室「ホライゾン・ワークルーム」だった。現実のパソコンの画面をメタバース上に映し出し、作業することもできる。

メタは22年4月のアップデートで、コントローラーを持たなくても仮想空間で自分の手を自由に動かせるようにする「ハンドトラッキング」と呼ばれる機械学習の精度を大きく改善させた。ゴーグルの前に手をかざすと、自分の手がメタバース上で動き、パネルを操作したり、アバターとハイタッチをして音を鳴らしたりできた。

「脱家電」を掲げてきたシーテックだが、今年の出展者数は新型コロナウイルス禍が発生する前の19年より3割少ない562社・団体。その中でも、今年初開催となった展示会内の集団出展「メタバースエキスポ」は目立っていた。19社が集まり、会場で最大規模の展示となった。

リアルな買い物体験を実現

後悔させない買い物体験をメタバースで――。凸版印刷は、企業向けクラウドサービス「ミラバース・コア」で作成した仮想のショールームを展示した。高精細の3次元(3D)シミュレーションが作れるサービスで、現実の立体物の形や色、質感を正確に計測して再現する技術が使われている。

自動車のショールームや住宅展示場の再現に利用すれば、実物をイメージしやすくなり、高額な支出をするかどうかの判断の助けになる。サービスを利用する企業は容易に材質の変更などができるため、コストを抑えてバリエーションを示せる。

シーテックで展示された仮想上の自動車は、ハンドル部分の革の模様やドア表面の反射まで精緻に再現されていた。現在はシミュレーションのみだが、将来は売買の成約までメタバース上で完結することも考えられるという。

凸版の未来イノベーションセンター本部長、鈴木高志氏は「バーチャルで先に表現してからリアルで動く方が、効率がよい」と話す。住設大手がミラバース・コアを利用することが決まっている。

印刷業界では大日本印刷もメタバースに注力し、「バーチャル秋葉原」など現実の街の再現に取り組んでいる。今回、フランス国立図書館の歴史的空間を再現し、自由に歩き回れる展示も出している。メタバース事業の売上高を25年度に100億円前後まで高めることを目指す。

通信大手は高速通信規格「5G」とメタバースの融合に商機を見いだす。NTTドコモは、6月に設立したメタバース事業などのNTTコノキュー(東京・千代田)を通じ、バーチャルライブの配信システム「マトリックス・ストリーム」を展示した。スタジオで収録した演者のモーション情報を、仮想空間のキャラクターの動きにリアルタイムで変換し、音楽ライブや番組を制作できる。楽天モバイルは遠隔歯科医療教育という領域で、低遅延という5Gの特性を生かす実証実験を進める。

メタバース上で人材派遣

会場で異色だったのは、人材派遣大手のパーソルホールディングス。グループ会社パーソルマーケティング(東京・新宿)で、25年までにメタバース上で3000人の「人材派遣」を手掛ける目標を掲げる。

ターゲットはメタバースの案内人だ。今後、メタバースで企業の常設展示などが増えると見込まれ、受付のほか、概要や操作方法を説明する人材の需要が急増するとパーソルは予想。接客経験のあるスタッフを用意する。

パーソルマーケティングのメタバースデザイン事業部部長、川内浩司氏は「人工知能(AI)でも案内ができる可能性はあるが、感情が入らない。コールセンターでAIから人間への回帰が見られるように、メタバースでも人間の案内人の重要性は大きいはずだ」と話す。

11月中旬に新たにメタバース事業を始める東京電力エナジーパートナー(東京・中央)に対し、メタバース案内人の派遣が決まった。メタバース人材の契約単価は時間当たり2500円~3000円ほどと、通常の対面接客スタッフよりも高い。

パーソルの展示メタバースで案内人を勤めていた田中マコ(アバターネーム)さんは「これまでも接客業を行ってきたが、私自身も50歳を過ぎるなか、家庭の事情で親の介護が必要になった。接客をどうにか続けたいと考えてたどり着いたのが、自宅のパソコンから参加できるメタバースだった」と説明する。メタバースの操作にもすぐに慣れることができたという。

メタバース関連以外ではヘルスケア、サステナビリティーに絡む展示が目を引いた。前者では富士通がモーションキャプチャーで人の動きを解析する技術、後者では東芝が高効率のモビリティー向け太陽電池を見せていた。

シーテックの第1回開催は00年。以来、ビジネスの潮流の変遷を映し出してきた。今また大きな波が来ており、電機産業のみならず様々な産業において、チャンスが広がっていることが今回のシーテックから読み取れる。

(日経ビジネス 八巻高之、中西舞子)

[日経ビジネス電子版 2022年10月18日の記事を再構成]

日経ビジネス電子版

週刊経済誌「日経ビジネス」と「日経ビジネス電子版」の記事をスマートフォン、タブレット、パソコンでお読みいただけます。日経読者なら割引料金でご利用いただけます。

詳細・お申し込みはこちら
https://info.nikkei.com/nb/subscription-nk/
ニューズレター

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ビジネス

企業経営・経済・社会の「今」を深掘りし、時代の一歩先を見通す「日経ビジネス電子版」より、厳選記事をピックアップしてお届けする。月曜日から金曜日まで平日の毎日配信。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません