/

この記事は会員限定です

企業データ、収集から利活用へ 提携広がる

SCSK、サイバー系と資本提携

[有料会員限定]

企業が蓄積したデータを新たな商機に生かすため、IT(情報技術)企業と提携する動きが広がり始めた。住友商事系のSCSKはサイバーエージェント子会社のマイクロアド(東京・渋谷)と資本業務提携する。コールセンター大手のベルシステム24もデータ分析のブレインパッドと組んだ。企業のデータ活用は収集の段階から、利活用に軸足が移りつつある。

SCSKはマイクロアドにこのほど約10億円を出資した。出資比率を明ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り803文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン