/

オミクロン「BA.5」、抗ウイルス薬が有効 東大など発表

think!多様な観点からニュースを考える

東京大学の河岡義裕特任教授らは21日、新型コロナウイルスのオミクロン型の派生型「BA.5」に対し、国内で承認された3種類の抗ウイルス薬が有効だったとする論文を発表した。細胞を用いた実験だが、実際の患者でも効果が期待できる結果だという。抗体医薬は承認されていない1種類を除いて効果がほぼ無いか低かった。治療の際には薬の選び方に注意が必要だとしている。

BA.5に感染した細胞に抗ウイルス薬を加えて、ウイルスの増殖を抑える効果を調べた。米ギリアド・サイエンシズの点滴薬「ベクルリー(レムデシビル)」と米メルクの「ラゲブリオ(モルヌピラビル)」、米ファイザーの飲み薬「パキロビッドパック」の成分「ニルマトレルビル」については、いずれもコロナ流行初期の型と同様に有効だった。オミクロン型の別の派生型の「BA.2.12.1」や「BA.4」でも効果があった。

【関連記事:よくわかるモルヌピラビル】

抗体医薬がBA.5やBA.2.12.1、BA.4の細胞への感染をどれほど防ぐか調べたところ、英グラクソ・スミスクラインなどの「ゼビュディ(ソトロビマブ)」はほぼ効果が無かった。米リジェネロン・ファーマシューティカルズなどの「ロナプリーブ(カシリビマブ・イムデビマブ)」や、英アストラゼネカの「チキサゲビマブ・シルガビマブ」も、流行初期の型への効果に比べると大きく落ちた。米イーライ・リリーの「ベブテロビマブ」は効果があった。

国立感染症研究所や国立国際医療研究センターとの共同研究の成果で、論文は米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載された。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン