/

この記事は会員限定です

四半期決算、「効率開示」が払う代償

一目均衡 企業財務エディター 森国司

[有料会員限定]

四半期決算開示を短信に一本化する方向が固まった。企業は作業負荷軽減を歓迎するが、効率重視の改革は財務諸表の信頼性低下というリスクをはらむ。

「四半期報告書が残ると思っていた」。大手監査法人パートナーは驚きを隠さない。開示改革で音頭をとる金融庁からは、監査業界に対し事前の調整はなかったという。

岸田文雄首相は当初、企業や投資家の短期主義是正を掲げ、四半期開示をなくす可能性を模索した。海外投資家の日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り955文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン