ぐるなび、定額料金が逆風に コロナが崩す勝ちパターン - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

ぐるなび、定額料金が逆風に コロナが崩す勝ちパターン

小池颯

[有料会員限定]

ぐるなびの収益源の多角化が急務だ。売上高のほぼすべてを占める飲食店情報サイト「ぐるなび」は、新型コロナウイルス下で外食需要の急減に見舞われた。飲食店に対する支援を厚くする代わりに、安定した月額収入を受け取るビジネスモデルが逆風にさらされている。

ぐるなびの2021年4~9月期の連結業績は、最終損益が22億円の赤字(前年同期は54億円の赤字)と2期連続の赤字となった。21年3月期は97億円の最終赤...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1684文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません