/

クボタ、一時6%高 インド農機買収で成長期待

銘柄診断

19日の東京株式市場でクボタ株が急伸し、一時前日比149円(6%)高の2488円50銭をつけた。18日の取引終了後にインドの農機大手エスコーツを子会社化すると発表した。世界最大とされるインドのトラクター市場への本格参入で、収益力が向上すると期待した買いが集まった。

終値は同145円高の2484円50銭と、この日の高値圏を維持して取引を終えた。

クボタは第三者割当増資の引き受けなどに約1400億円を投じ、2022年3月までに出資比率を現在の約9%から最大約54%に引き上げる。エスコーツが持つ低コストの部品調達網などを活用し、低価格品の開発や生産につなげる。

JPモルガン証券の佐野友彦氏は「(買収資金の回収期間の目安となる)EV/EBITDA倍率は約17倍と高いが、期待も高い投資だ」と指摘する。機能や品質といったクボタの強みとエスコーツの低コストを組み合わせれば、新興国などに競争力の高い製品を供給できるという。

クボタ株は今年5月に上場来高値をつけた後、原材料高などの懸念から売りに押されていた。この日の上げでも、高値からはなお9%安い水準だ。auカブコム証券の河合達憲氏は「為替の円安などで今期業績の上振れ期待もあり、高値更新の余地が出てきた」とみる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン