/

社員2人で買えば飲み物無料に サントリーBFが新自販機

サントリー食品インターナショナル(サントリーBF)は19日、企業向けの自動販売機の新サービスを発表した。社員が2人同時に社員証をかざすと、それぞれ無料で飲料が手に入る。購入費用は導入企業が負担する。新型コロナウイルス禍で減少する社員同士の交流を促す。自販機事業は外出機会の減少で低迷が続いており、新サービスで利用を増やしたい考えだ。

新サービスは「社長のおごり自販機」と名付けた。企業のオフィスなどへの設置を想定する。自販機に社員証の読み取り機を2台搭載した。同時に社員証をかざして10秒以内に商品ボタンを押すと、無料で1本ずつ飲料を購入できる。利用できる曜日や時間帯、1人あたりの上限本数などは企業が設定できる。

実証実験で導入したコクヨでは、1カ月で1000件の利用があったという。サントリーBFは首都圏から展開し、2022年に100社の導入を目指す。自販機事業を手掛けるサントリービバレッジソリューションの須野原剛事業推進本部長は「自販機にはまだまだ可能性がある。健康やコミュニケーションなど企業の課題解決を支援していきたい」と話した。

コクヨの黒田英邦社長は「社員同士の情報交換やつながりをどう生み出すかが、オフィスと在宅のハイブリッドワークが広がるなかで重要な取り組みになっていく」と指摘する。日本能率協会の調査によると、在宅勤務をする人の86%が雑談をしにくくなったと感じており、社員同士の交流機会の減少による生産性の低下も課題になっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン