/

供給網のサイバー攻撃、17%が「経験あり」 NTT系調査

NTTビジネスソリューションズはビジネスパーソンの17.6%が供給網に影響を与えるサイバー攻撃を経験したとする調査結果を発表した。経営層と役員の4割は自社が攻撃を受けた時に供給網に及ぼす影響を把握していないと回答し、危機意識の低さが浮き彫りになった。

4月中旬に全国を対象に1千人に対してアンケート調査を実施した。

供給網への攻撃を経験した人は176人。うち自社がサイバー攻撃を受けた結果、取引先に影響を与えたと回答した人は72人。逆に取引先への攻撃で自社に影響があった人は109人いた。

トップの危機意識の低さが日本企業の弱点となっている。経営層と役員で自社が攻撃を受けた時の供給網への影響を40.6%が「把握していない」と回答。部長(23%)や課長(25.9%)に比べて多かった。

取引先の数別に見ると、供給網の攻撃の影響を「甚大」と回答した人は取引先が1~10社の場合は9.2%。取引先が増えるにつれて「甚大」と回答する割合も増え、201社以上の場合は35.7%だった。

一方、影響を「把握していない」と回答する人は取引先51~100社で26.2%と最も低かった。以降は取引先が増えるにつれて増加し、201社以上の場合は34.3%だった。大企業は危機意識を強く持つ一方、広大な供給網のリスク把握が難しいという一面も浮かんだ。

今春、樹脂部品を手掛ける小島プレス工業(愛知県豊田市)へのサイバー攻撃で、トヨタ自動車の国内生産が一時停止する事件があった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

サイバー問題

手口が巧妙化し被害が増えているサイバー攻撃や、それに対する防衛策などに関する最新記事をまとめたページです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン