/

この記事は会員限定です

重要インフラにサイバー攻撃 20年、世界で1.5倍の468件

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

給油したくてもガソリンがない――。米国で起きた石油パイプラインへのサイバー攻撃は、こんな事態にもつながりかねないリスクを米国人に感じさせた。エネルギー供給網から工場や水道まで。経済や生活を支える重要インフラへのサイバー攻撃は急増し、2020年の「被害」は世界で468件と、19年の1.5倍だった。国家の関与が取り沙汰されるケースも増えている。

米で石油パイプラインの大動脈停止

サイバー攻撃を受けた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2491文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン