/

この記事は会員限定です

スズキ、インドでEV巻き返し 1500億円で新工場

(更新) [有料会員限定]

スズキは19日、インドに電気自動車(EV)と車載電池の新工場を設けると発表した。約1500億円を投じる。世界販売の半分を占める屋台骨のインドからEVの本格展開を始め、電動車での出遅れを巻き返す。インドは2030年に新車の3割をEVにする目標を掲げる。韓国勢などがEVで攻勢をかけており、大型投資で「防衛ライン」と位置付ける販売シェア5割を守りたい考えだ。

西部グジャラート州の乗用車工場の隣接地にE...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り860文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン