/

音楽著作権、ネット収入が放送上回る 20年度JASRAC

JASRACの著作権収入は20年度に4%減った

日本音楽著作権協会(JASRAC)は19日、2020年度の音楽著作権収入(使用料)のうち、ネット経由が前の年度比48%増の322億円と伸びたと発表した。放送による収入を初めて上回った。定額音楽配信サービスの利用者が増え、ライブのオンライン化に伴ってライブ配信サービスの需要も旺盛だった。

全体の収入は4%減の1126億円だった。新型コロナウイルス禍でイベントやライブの中止が響き、演奏による収入が落ち込んだ。CDやDVDなど録音による収入も13%減だった。

放送による収入は3%減の300億円。JASRACはコロナ禍に伴う広告費の落ち込みなどの影響は21年度以降にさらに大きく出てくるとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン