/

この記事は会員限定です

ソニーG、子会社モバイルゲーム事業を1100億円で売却

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ソニーグループは18日(日本時間19日)、映画子会社傘下のゲーム部門を、モバイルゲーム開発の米スコープリーに約10億ドル(約1100億円)で売却すると発表した。ビンゴやトランプのモバイルゲームを手掛けており、コンテンツIP(知的財産)を生かすソニーの戦略から外れると判断した。対価の半分をスコープリーの優先株式で受け取り、少数株主となる。

売却するのは米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)傘下で、クイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り656文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン