/

パソコン各社がWindows11搭載新製品 テレワーク対応

日経クロステック

日本マイクロソフトは18日、10月に提供を始めた基本ソフト(OS)「Windows(ウィンドウズ)11」に関するオンラインブリーフィングを開き、新機能の「ウィジェット」や、コミュニケーションアプリ「Teams(チームズ)」を標準搭載としたことなど、Windows 10との違いを説明した。

同社の竹内洋平執行役員コンシューマー事業本部長は「ライフスタイルが変化する中でも常にみなさんがやりたいことを制限なくでき、大切な人と簡単につながったり、情報に素早くアクセスできたりする、そんなOSがWindows 11だ」と語った。

説明会では、NECレノボ・ジャパングループ、Dynabook(ダイナブック)、デル・テクノロジーズ、日本HP、富士通クライアントコンピューティングなど、パソコンメーカー各社がWindows 11搭載の新製品を紹介。テレワークに取り組む企業が増えたことに対応し、ウェブ会議中にインターホンの音やキーボードの打鍵音といったノイズをカットする機能などをアピールした。

米マイクロソフトは6月にWindows 11を発表し、10月に提供を始めた。Windows 11を利用するには同OSをプリインストールしたパソコンを購入する、旧バージョンのWindows 10を搭載した端末を無償でアップグレードするなどの必要がある。アップグレードは段階的に実施され、2022年半ばまでには対象となる全ての端末でアップグレードが可能となる予定だ。

(日経クロステック/日経コンピュータ 鈴木慶太)

[日経クロステック 2021年11月18日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン