/

この記事は会員限定です

アサヒGHD、CO2を70%削減へ 500億円投資

[有料会員限定]

アサヒグループホールディングス(GHD)は2030年に19年比で50%減としていた二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標を70%減に引き上げる。再生可能エネルギー由来の電力購入などで30年までに環境投資に500億円以上を充てる。脱炭素の動きが加速するなか、将来は炭素税などのコスト増も懸念されており、早期の対策で事業への影響を抑える。

同社は18年に30%減(15年比)の削減目標を掲げ、20年には5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り805文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン