/

エーザイ「米国での投与環境の整備に全力」 認知症新薬

エーザイは米バイオジェンとアルツハイマー病治療薬を共同開発したが、一部の米医療機関が使用を見送る方針を示している(東京都文京区のエーザイ本社)

エーザイは19日、米国で投与が始まったアルツハイマー病新薬「アデュヘルム(一般名アデュカヌマブ)」について、「投与環境の整備に全力で取り組む」とのコメントを発表した。米医療機関大手の一部が同新薬の使用を見送るとされ、普及に懸念が生じている。同社によると「他の大手医療機関などで採用が進み、投与人数も増えている」という。

新薬を巡っては、米ニューヨーク市のマウントサイナイ・ヘルスシステムなど米医療機関の一部が使用を見送るとされている。同社によると、使用しないとした医療機関でも、患者にアデュヘルムの処方箋を提供することは可能という。米国では処方箋があれば、投与専門の「インフュージョンセンター」と呼ばれる施設などで投与を受けることもできる。

米医療機関大手の使用見送りについては、高齢者向け公的医療保険「メディケア」への採用可否に影響するとの見方も出ている。こうした見方に対して同社は「各施設の採用基準によるもので、当局の判断には影響を与えない」と説明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン