/

この記事は会員限定です

日産、半導体を汎用品で代替 特注品の調達リスク回避

(更新) [有料会員限定]

日産自動車は世界的な半導体不足に対応するため、車の設計の一部を見直し始めた。ブレーキなどに組み込む特注の半導体を、産業機械向けのような一般製品で代用できるようにする。世界の製造業は半導体の在庫を積み増して需給逼迫に対応してきた。緊急事態が長引いているため、ものづくりを変えることで生産への支障を回避する。

日産はブレーキや速度計の動きを制御する基板の設計の見直しに着手した。回路を変更し、これまで特注のマイコン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り633文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン