/

この記事は会員限定です

広がるアート思考経営 個人の原体験で閉塞感破る

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

「何のために会社に入り、何をしたかったのか」――。企業が社員の問題意識や願望を解放して技術革新を導き出す「アート思考経営」に注目が集まっている。日本企業は需要に合う製品を効率的につくることを追求しすぎて、魅力的な製品が減った。芸術家のようにまっさらな状態で事業を見つめ直し、創造性を育む。「MBA(経営学修士)よりMFA(美術学修士)」と言われる時代が到来するか。

「右脳爆発系」――。古巣のIBMで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン