/

この記事は会員限定です

アパレル、在庫削減で「ESGL」 男女兼用服で挑む

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

これまでの男性用、女性用という衣料品の常識が崩れつつある。良品計画などアパレルは、男女兼用の衣料品や新ブランドの立ち上げに乗り出した。LGBT(性的少数者)など多様性への対応は社内研修や採用だけでなく商品にまで及び、消費者や投資家はこうした点を一層重視する。アパレルは商品点数の削減などで戦略を見直し、長年の課題である衣料品の過剰在庫の解消にも挑む。

ESG(環境・社会・企業統治)活動を通じて消費者のLIF...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2746文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン