/

この記事は会員限定です

呼吸不全、浣腸で酸素供給 ドジョウから発想

[有料会員限定]

一部の魚類などと同様に哺乳類でも腸から酸素を取り込む「腸呼吸」が可能だと東京医科歯科大学などの研究チームが発見した。酸素を多く溶け込ませた特殊な液体を浣腸(かんちょう)することで、人でも呼吸不全の治療に応用できる可能性がある。チームはクラウドファンディングや企業との連携で資金を集め、1~2年以内に臨床試験(治験)を始めたい考えだ。

「刺激的なアイデアで初めて目にした人は驚きを隠せないだろう」。武部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り903文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン