/

4月のバイト時給、1.5%高 行動制限なしで飲食伸びる

リクルートが19日発表した三大都市圏(首都圏、東海、関西)の4月のアルバイト・パート募集時平均時給は前年同月比17円(1.5%)高い1120円だった。新型コロナウイルス感染対策の行動制限がなくなり、飲食や宿泊業界での求人数が拡大した。塾講師など高時給の専門職の案件が増えたこともけん引した。

同社の求人媒体「タウンワーク」などの掲載情報をまとめた。職種別にみると、飲食店など「フード系」は前年同月比37円(3.6%)高い1051円だった。2022年4月は3年ぶりに緊急事態宣言などの発令がなく、飲食店が通常営業に向けて人手を確保する動きが広がった。前月比でも5円(0.5%)高かった。

大型連休を前にレジャー施設やホテルなどでも採用が拡大した。「ホテルスタッフ」は41円(3.9%)高の1098円、遊園地のスタッフなどの「レジャー施設業務全般」も16円(1.5%)上昇した。新年度にあたる4月は時給が高い塾講師などのアルバイトの入れ替え需要があり、「専門職系」でも50円(3.9%)高の1347円と高い伸びを見せた。

宇佐川邦子ジョブズリサーチセンター長は「リオープン(経済再開)に向けて飲食店など幅広い業界で人手不足感が高まっている」と指摘する。「今後夏にかけてインバウンド(訪日外国人)旅行の再開が期待されるなか、飲食や宿泊関連を中心に各社で採用が活発になってくる」とみている。

同業大手ディップが同日発表した4月の全国のアルバイト・パートの平均時給は、前年同月比98円(8.8%)高の1209円だった。行動制限のない大型連休を見据えて採用活動が進み、飲食系の求人件数は前年同月より約2倍に増えた。「飲食の職業」が32円(3.2%)高い1038円だったほか、コロナ禍の電子商取引(EC)の利用拡大を背景に「軽作業・物流その他」でも98円(9.3%)上昇した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン