/

この記事は会員限定です

「株で役員報酬」上場企業の5割超 業績拡大の動機づけ

[有料会員限定]

企業が自社株式を役員報酬に活用する動きが広がっている。導入企業は約2000社と上場企業の5割を超す見通しだ。株価が上がれば報酬が増える仕組みで、業績拡大の動機づけを強める。ただ米国では役員報酬が高額となり一般社員と格差を生んでいると批判されている。報酬の水準など開示を徹底し外部からチェックできるよう透明性を高める必要がある。

NTTは6月の株主総会で株式報酬の導入を決める。固定報酬の割合を7割から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1175文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン