/

この記事は会員限定です

アステラス、26年3月期の研究開発費6割増 先端分野投資

[有料会員限定]

アステラス製薬は2026年3月期の研究開発費を21年3月期比で56%増の3500億円程度まで引き上げる。金額ベースでは過去最高になる見込み。主力の前立腺がん治療薬などの製品群の成長で売上収益も約5割増える。遺伝子治療薬や細胞医療など先端分野で臨床試験(治験)が始まる見通しで、稼いだ利益を今後の成長領域に大きく振り向ける。

3月に最高財務責任者(CFO)に就任した、菊岡稔ジャパンディスプレイ(JD...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り498文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン