/

この記事は会員限定です

ホンダ「脱エンジン」船外機でも 電動モデル公開 

[有料会員限定]

ホンダがモーターボートや漁船、個人所有のクルーザーなど小型船舶に付ける船外機の電動化を進める。19日、エンジンとガソリンタンクをモーターと電池に置き換えたコンセプトモデルを発表した。船外機を含め、車向け以外に使う汎用エンジンは世界で年間約600万台を売り上げる主力事業の1つ。2050年の脱炭素へ製品開発を強化する。

今回のコンセプトモデルはエンジン搭載の船外機に換算すると5~6馬力に相当し、5人ほどが乗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン