/

この記事は会員限定です

バルミューダ社外取が上方修正前に株取引 ジンズCEO

[有料会員限定]

バルミューダは18日、社外取締役の田中仁氏(ジンズホールディングス最高経営責任者=CEO)を社内規定に違反する株取引をしたとして処分したと発表した。会社が承認した売買期間外の5月13日正午ごろに同社株を買い付けた。同日午後に、同社は2021年12月期の連結業績予想の上方修正を発表した。

田中氏は21年5~10月までの報酬を全額返上し、11月から22年3月末までの月額基本報酬の全額を減額する。寺尾玄社長は「取引発覚時点で適切に対応し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り380文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン