/

この記事は会員限定です

商船三井、一時5%安 ウクライナ情勢に警戒感

銘柄診断

[有料会員限定]

21日の東京株式市場で商船三井株が一時前週末比5%(440円)安の8960円まで下落した。北京五輪が前日に閉会し、ウクライナ情勢への警戒感が再燃。海運をはじめとする物流の停滞や、世界経済の減速リスクへの懸念から売りが強まった。

終値は3%安の9160円だった。物流では日本郵便がウクライナ宛ての航空便などの引き受けを「十分な輸送力を確保できない」ため22日から一時停止すると発表した。運航する船の数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン