/

この記事は会員限定です

洋上風力「国産化」に動く、JFEが構造部材

[有料会員限定]

JFEホールディングス(HD)は洋上風力発電設備の基礎部分を国内で生産する。2024年までに約400億円を投じ工場を設ける。東芝なども横浜市で駆動装置をつくる。洋上風力発電は脱炭素の有力な手段だが、設備は海外製が多い。再生可能エネルギーの普及にむけ、設備コストを下げるためにも国内での供給網が広がってきた。

JFEがつくるのは、洋上風力発電機の風車を支える構造部材「モノパイル」。円筒形に加工した鋼材で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン