/

この記事は会員限定です

JR西日本、「駅ソト」利用促す アプリで観光地に誘導

[有料会員限定]

JR西日本が、近い将来の本格的なデータ活用を視野に入れて、データドリブン施策を次々に打ち出している。2021年には日本コカ・コーラ(東京・渋谷)などと提携して、利用者の駅外への誘導や、より詳細な行動分析にも挑戦した。今後も、自社の活動から生じるデータの蓄積と分析の精度向上に努めていく考えだ。

JR西は17年ごろから車両の運行情報や混雑率といったデータを人工知能(AI)で分析し、車両の整備や運行の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3798文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン