/

楽天「0円」廃止でpovo申し込み2.5倍に KDDI社長

日経クロステック

KDDI社長の高橋誠氏は18日までに日経クロステックの取材に応じ、楽天モバイルが「0円」から利用できる料金プランを廃止すると発表した後、基本料金0円で利用できるKDDIのオンライン専用料金プラン「povo(ポヴォ)2.0」への申し込みが、以前と比べて2.5倍に増えたことを明らかにした。楽天モバイルから番号持ち運び制(MNP)でpovo2.0へ移行する利用者も増えており、高橋氏は「楽天モバイルとのMNPは、5月は絶対勝ち(転入超過)になるだろう」と自信を見せた。

楽天モバイルは13日、月間データ通信量が1ギガバイト(ギガは10億)までは0円としてきた現行の料金プランを廃止し、7月1日から最低で月980円(税抜き)からとなる新料金プランへ改定する方針を発表した。同日開催した楽天グループの決算会見で、同社会長兼社長の三木谷浩史氏が「0円でずっと使われても困っちゃうというのが、ぶっちゃけな話かな。すごく正直を言って」と思わず漏らす場面もあった。

楽天モバイルの「0円」廃止の方針を受けて、SNS(交流サイト)には「信じられない」「失望した」「解約する」といった意見が数多く投稿された。

KDDIの高橋氏は13日に開催した決算会見で、基本料金0円で提供するpovo2.0について「やめる理屈はない。今のところ大きく変更する予定はない」と説明。これを受けて14日以降、povo2.0への申し込みが急増し、一時、本人確認に時間がかかる場面もあった。

楽天モバイルの「0円」廃止の方針は、急速に利用者の「楽天離れ」を呼んでいるようだ。楽天モバイルは同事業の早期黒字化を目指して「0円」廃止に踏み切ったものの、優良顧客を含めた利用者の大量流出につながれば、狙いは逆効果となりかねない。

(日経クロステック 堀越功)

[日経クロステック 2022年5月18日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン