/

この記事は会員限定です

シダックス、前期6期ぶり最終黒字に転換

[有料会員限定]

シダックスが18日発表した2021年3月期連結決算は、最終損益が6億3000万円の黒字(前の期は11億2300万円の赤字)となった。最終黒字は6期ぶり。新型コロナウイルス感染拡大下で社食などの事業が縮小したものの、前の期にあったシンジケートローン手数料などの営業外費用が減ったほか、新型コロナ関連の助成金収入も寄与した。

売上高は前の期比15%減の1101億円。学童保育事業の受託件数が伸びたものの、在宅勤務の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン