/

この記事は会員限定です

外食の8割、前期の営業CF黒字 コスト削減・協力金で

22年2月期

[有料会員限定]

主要な外食企業の2022年2月期決算が出そろった。18社中、8割に当たる14社で営業キャッシュフロー(営業活動で生じる現金収支)が黒字になった。営業CFが黒字になったのは前の期の6社から2.3倍に増えた。コスト削減などによる本業の採算改善に加え、時短営業などに伴う自治体からの協力金収入が支えになった。

ラーメン店「日高屋」を運営するハイデイ日高は、22年2月期の営業CF(単独)が43億円の黒字(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り546文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン