/

この記事は会員限定です

DRAM大口価格、4月は横ばい PC向け弱く先安観

[有料会員限定]

半導体メモリーの一つ、DRAMの4月の大口取引価格が前月から据え置きで決まった。指標となるDDR4型の8ギガビット品(1ギガ=10億)は1個3.1ドル前後と、4カ月連続で同値水準となった。半導体メーカーは材料費や物流コストの上昇を理由に値上げ姿勢を維持しているものの、パソコン(PC)向けの需要の弱さから需給に逼迫感はなく、横ばいとなった。

DRAMはPCやスマートフォンなどでデータの一時保存に使...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン