/

この記事は会員限定です

システムのSHIFT、M&A急加速 「のれん負け」回避の条件

矢口竜太郎

[有料会員限定]

SHIFTがM&A(合併・買収)戦略のアクセルを踏んでいる。積極的な買収で直近3年のフリーキャッシュフロー(純現金収支)は赤字となる中でも、3月にはさらに買収企業の対象を拡大する方針を掲げた。のれんの償却負担増を上回る事業成長で好循環を築いてきたが、いったんブレーキがかかれば償却費負担が利益を上回る「のれん負け」に転じかねないリスクも抱える。

ソフトウエアの品質検査を中核事業とするSHIFTは2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン