/

この記事は会員限定です

VLP、コロナワクチンの治験開始 新たな感染症にも対応

[有料会員限定]

創薬スタートアップのVLPセラピューティクス・ジャパン(東京・千代田)は18日、開発中の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を国内で始めたと発表した。投与量が同じタイプのワクチンと比べ少量で済むのが特徴で「(実用化できれば)短期間で全人口分を生産できる」(赤畑渉代表職務執行者)という。

同社のワクチンは投与後に体内で自己増殖するメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン。投与量は従来型のmR...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン