/

ドコモやヤマハ発など、5G使い産業ロボの遠隔制御を実証

映像や産業ロボ制御の通信で5Gを活用した

NTTドコモやヤマハ発動機など5社は高速通信規格「5G」を活用し、異なるメーカーの産業用ロボットを一括で遠隔操作する実証実験に成功したと発表した。ドコモの5G技術で産業ロボの遠隔操作に成功したのは今回が初となる。産業ロボで5Gが使えれば精密な動作なども遠隔で制御可能になり、製造現場などでの活用範囲が広がる。

デンソーウェーブ(愛知県阿久比町)が開発した産業ロボをネットワーク化するシステム「ORiN(オライン)」と、ドコモが持つ5G技術を組み合わせてヤマハ発動機などの産業ロボを操作した。技術者が離れた場所にいても円滑に操作できるようになる。産業ロボ同士をつなぐケーブルが必要なくなり、工場内でより柔軟に産業ロボを配置できる。

実験では技術者がディスプレーに映る産業ロボの様子を見ながら、端末を操作して産業ロボの動きを制御した。カメラからディスプレーに映像データを送ったり、産業ロボに制御の命令を送ったりする通信に5Gを使った。

(平塚達)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン