/

この記事は会員限定です

消費者操るダークパターン 命名者、無意識の同意を警告

[有料会員限定]

ウェブサイトで利用者を不利なクリックに誘導する表記や設計が「ダークパターン」として問題視されている。造語を命名して類型化し、警告するサイトを運営する、英スマートペンションのハリー・ブリグナル氏が日本経済新聞社の取材に応じ「困った経験を共有し発信することが重要だ」と強調した。

「ここ10年でダークパターンはますますひどくなっている。一番厄介なのは欲しくもないものを買わされてしまうものだ。例えば、ある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン