/

この記事は会員限定です

22年産のコメ4%減産、需要は過去最低 農水省見通し

[有料会員限定]

農林水産省は19日、食糧部会で2022年産の主食用米の需要に見合った生産量は675万トンになる見通しを示した。21年産の予想収穫量に比べて26万トン(約4%)少ない見込みだ。20年産から21年産は大幅に作付面積を減らしたため、22年産の減産量は見通しベースで前年より4万トン縮んだ。

新型コロナウイルス禍に伴う外食不振で20年産米がだぶつき、コメの卸値は2年連続で下落した。需給安定のため生産抑制の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン