/

この記事は会員限定です

業績下振れ懸念 投資家、安値拾いで決算乗り越え

堤健太郎

(更新) [有料会員限定]

3月期企業の決算発表を控え、投資家が銘柄選別の姿勢を強めている。資源高など不透明要因が多く、企業が市場予想を下回る業績予想を出す「ガイダンスリスク」は例年以上に高いとされる。決算発表後に株価が大きく下落する懸念もある。難局を投資機会とすべく、業績回復が見込めるリオープン(経済再開)関連や円安の恩恵が大きい割安外需銘柄などの安値拾いを狙う動きが目立つ。

「今回のガイダンスリスクは大きな投資チャンス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1115文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン